災害ボランティアセンター

災害義援金情報

埼玉県共同募金会 東松山市支会では、自然災害等の甚大な被害を受けた被災地支援のため、中央共同募金会や埼玉県共同募金会を通じて募集される災害義援金に協力しています。
災害義援金の募集に合わせて、市民福祉センターでは災害義援金募金箱を設置し、みなさまへの周知、ご協力を呼びかけさせていただいております。また、被災地への義援金の受付も行っております。お互いさまのご支援、ご協力をよろしくお願い致します。

いずれの義援金も、所得税法第78条第2項第1号及び法人税法第37条第3項第1号に規定する「国又は地方公共団体に対する寄附金」に該当します。各金融機関等での振込金受領書又は各都道府県共同募金会発行の領収書をもって税法上の優遇措置対象となります。
寄付者が義援金について税制上の優遇措置(所得税、法人税)を希望する場合、東松山市支会に義援金をお届けいただいた際にお申し出いただき、後日、埼玉県共同募金会より領収書を発行いたします。

※災害義援金情報は、埼玉県共同募金会からの周知等により随時、更新いたします。

以下の災害義援金は募集を終了いたしました。ご協力いただきありがとうございました。
○丹波市豪雨災害義援金 613円の寄付を送金いたしました。
○徳島県台風11・12号災害義援金 797円の寄付を送金いたしました。
○広島県大雨災害義援金 12,979円の寄付を送金いたしました。
○京都府豪雨災害義援金 7,078円の寄付を送金いたしました。
○南木曽豪雨災害義援金 3,542円の寄付を送金いたしました。
○長野県神城断層地震災害義援金 4,683円の寄付を送金いたしました。

義援金名募集期間受入れ金融機関問合せ先・その他
熊本地震災害義援金平成27年9月11日(金)

平成30年3月31日(土)に延長
①肥後銀行  (ヒゴギンコウ)
 水道町支店 (スイドウチョウシテン)
 普通預金  口座番号 1281400
 口座名   社会福祉法人 熊本県共同募金会
 (フリガナ)  シャカイフクシホウジンクマモトケンキョウドウボキンカイ
②熊本銀行(クマモトギンコウ)
 花畑支店(ハナバタシテン)
 普通預金 口座番号 0025449
 口座名  社会福祉法人 熊本県共同募金会
 (フリガナ) シャカイフクシホウジンクマモトケンキョウドウボキンカ
③ゆうちょ銀行
 口座番号 00950-2-174321
 熊本県共同募金会熊本地震義援金

※肥後銀行、熊本銀行及びゆうちょ銀行における窓口での振込手数料は無料。上記以外の他銀行からの振込みやATM、ネットバンキング等についての手数料は有料。
社会福祉法人 熊本県共同募金会
〒860-0842
熊本県熊本市中央区南千反畑町3-7
熊本県総合福祉センター4F
TEL.096-354-3993/FAX.096-353-4566
info@akaihane-kumamoto.jp
平成28年新潟県糸魚川市大規模火災義援金平成28年12月26日(月)から平成29年6月30日(金)まで ①第四銀行
ダイシ 白山支店
ハクサン (普) 1660049 社会福祉法人 新潟県共同募金会
  (フク.ニイガタケンキョウドウボキンカイ )
②北越銀行
ホクエツ 県庁支店
ケンチョウ (普) 2005705
③大光銀行
タイコウ 新潟支店
ニイガタ (普) 3043002
④ゆうちょ銀行 00140-4-587401 新潟県共同募金会     
糸魚川市大規模火災義援金
社会福祉法人 新潟県共同募金会
〒950-0994 新潟県新潟市上所2-2-2 新潟ユニゾンプラザ3階
TEL 025-281-5532  FAX 025-281-5533

災害ボランティアセンター

東松山市社会福祉協議会では、市の防災計画に基づき、地震や竜巻などによる大規模被害の発生の際、行政の災害対策本部との連携により、災害ボランティアセンターを立ち上げ運営を行います。
災害ボランティアセンターでは、被災から復興に向けた地域の自立をサポートするため、ボランティアの受入れと活動ニーズの調整・コーディネートを行います。
災害という非常時の助け合いは、日常からの積み重ねなくして機能できません。
そうした意味でも、東松山市社会福祉協議会は、平時からの地域の支え合い、顔の見えるご近所さんづくりなど、市民活動センター単位での社会福祉協議会支部活動を推進していきます。

H26年度福祉避難所初動立ち上げ訓練および災害ボランティアセンター立ち上げ運営訓練

昨年度に引き続いて2回目となる災害ボランティアセンターの立ち上げ運営訓練は、市の防災計画にあわせて、もうひとつの災害ボランティアセンター設置候補になっている市民福祉センターを会場に行いました。
昨年度のウォーキングセンターでの訓練との大きな違いは、市民福祉センターが福祉避難所指定されていること。
そこで、福祉避難所が開設されることも訓練の想定に入れ、福祉避難所の初動立ち上げ運営訓練も行いました。

【平成26年度福祉避難所初動立ち上げ訓練および災害ボランティアセンター立ち上げ運営訓練】

日時:平成27年1月26日(月)福祉避難所初動立ち上げ訓練(基礎講義と図上訓練)
   平成27年1月27日(火)災害ボランティアセンター立ち上げ運営訓練
会場:市民福祉センター
講師:RIRE(リール)代表 高橋美奈子氏
   特定非営利活動法人にいがた災害ボランティアネットワーク 李仁鉄氏
対象:東松山市・比企町村の防災担当行政職員および社会福祉協議会職員

  • 講師
  • 高橋智さんお話し
  • 図上訓練
  • 本部立ち上げ中
  • ふりかえりの図

訓練初日は、県内でも災害ボラセン訓練は様々な地域で行われていますが、福祉避難所の初動立ち上げ訓練については、初めての取り組みとなりました。
そのため、東日本大震災の際に被災地支援ナースとして避難所支援活動を行い、現在も被災地への支援を続けている看護師の高橋美奈子氏を講師にお招きし、福祉避難所とはどういうものか、何が求められるのか、どうあるべきなのか等、実体験をとおした基礎講義はもちろん、講師の高橋さんの夫で、フォトジャーナリストであり、ご自身いわき市で被災され避難所生活の経験のある高橋智裕氏からもお話しをいただき、避難所がどうあるべきかを学ぶことができました。
その後は、防災教育プログラム「避難所運営ゲームHUG」をもとにした福祉避難所運営シュミレーションを図上訓練で行いました。
2日目は、福祉避難所と併設される想定で、災害ボランティアセンターの立ち上げ運営訓練を行いました。こちらは昨年同様に李仁鉄氏のご指導をいただきながら、災害ボランティアセンターを組織する本部の立ち上げから、必要な部署の立ち上げ、応援スタッフの割り当て、開設までの準備、苦情対応などなど、臨場感あふれる内容で行うことができました。訓練の振り返りも、各グループからの課題や評価がたくさん出され、参加者それぞれが持ち帰れる有意義な訓練になりました。

H25年度災害ボランティアセンター立ち上げ運営訓練

東松山市社会福祉協議会では、平成25年度に新規事業として【災害ボランティアセンター立ち上げ運営訓練】を行いました。
平成25年度は、全国各地で多くの自然災害が発生し、これまで大きな災害を想定していなかったエリアでも、地震や台風だけでなく、私たちの身近な地域でも、竜巻や大雪といった自然災害による被害が発生しました。
 
実際に災害が発生した際に、被災者でもあり支援者としても活動を求められる私たちが、どのように災害ボランティアセンターを立ち上げ、運営できるのか。ということで、初めての訓練を比企地域の行政職員、社協職員のみを対象に共同募金配分金事業として実施しました。

【平成25年度災害ボランティアセンター立ち上げ運営訓練】
日時:2月2日(日)および2月3日(月)
会場:市民福祉センター2F会議室A・Bおよびウォーキングセンター
講師:李 仁鉄氏(NPO法人にいがた災害ボランティアネットワーク 事務局長)
内容:災害ボランティアセンターの役割(基礎講義)
   図上訓練(グループワーク)
   立ち上げ運営シュミレーション訓練(ロールプレイ)

災害ボランティアセンター立ち上げ運営訓練は、全国各地の災害ボランティアセンター運営に携わっているNPO法人にいがた災害ボランティアネットワークの事務局長、李氏をお迎えし、基本的な講義をはじめ、立ち上げから運営までの総合的な訓練をご指導いただきました。
また、今回の訓練にあたって、東日本大震災の際、福島県新地町へ職員派遣として実際の災害ボランティアセンター運営に関わった社協から、3名の職員をオブザーバーとして参加いただきました。
東松山市における災害ボランティアセンターの設置場所になっているウォーキングセンターでシュミレーションを行い、実際の想定場所で訓練できたこと、ロールプレイを通して体験したことで、災害ボランティアセンターがどのように動くのかを共有することができ、とても有意義な訓練となりました。

こうした訓練は、繰り返し実施し、継続してより多くの関係機関の職員に参加していただき、共通理解を深めることで、実際の災害ボランティアセンターの立ち上げ運営がスムーズになり、いざという時の連携が円滑に進みます。

最終的には、市民のみなさんにも参加いただける訓練を実施できるようにしたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

被災地に図書の寄贈をお届けしました

市内在住の尾沼綾子様より、被災地の子どもに役立ててほしいと、絵本・児童書を188冊の寄贈のお申し出をいただきました。

平成26年4月4日(金)、東日本大震災の際に災害ボランティアセンターの運営スタッフとして職員派遣でお世話になった福島県相馬郡新地町の社会福祉協議会を通じ、新地町教育委員会にこれらの絵本をお届けいたしました。

図書寄贈

当日は、年度初めのお忙しい時期にも関わらず、新地町社会福祉協議会の冨田事務局長、仮設住宅の訪問・見守りを中心に活動されている生活支援員の目黒さんが温かく出迎えてくださり、新地町教育委員会にご案内くださいました。
新地町教育委員会では、教育総務課長の泉田さんが対応くださり、佐々木教育長に直接お渡しする機会をいただきました。

写真左から
佐々木教育長、東松山社協職員、新地町社協冨田事務局長、泉田教育総務課長、新地町社協目黒さん

各地の災害関連情報

全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
http://www.saigaivc.com/

福島県から避難者に対する情報提供

東松山市役所
http://www.city.higashimatsuyama.lg.jp/kurashi/bosai_bohan/escape/index.html/

東日本大震災義援金について

東松山市社会福祉協議会では、中央共同募金会を通じて、東日本大震災義援金を募集しておりましたが、中央共同募金会の募集終了にあわせて、平成26年3月31日をもって終了いたしました。
これまでに東松山市社会福祉協議会にお寄せいただいた募金額は3,595,268円です。
たくさんのご協力をいただき、ありがとうございました。

なお、日本赤十字社および被災三県(岩手県、宮城県、福島県)では、引き続き東日本大震災の義援金を募集しておりますので、詳しくは各機関ホームページにてご確認ください。皆さまのご支援をお願い致します。

ボランティア・まちづくりサポートセンター