新型コロナウイルス感染症の影響による休業等で、生活資金にお困りの方へ

新型コロナウイルス感染症の影響による休業等で、生活資金にお困りの方へ

新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で、生活資金にお困りの方々に向けた緊急小口資金・総合支援資金の特例貸付を、3月25日(水)から実施します。

●緊急小口資金
主に休業された方向け

■対象者   新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、
緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯
■貸付上限額 10万円以内 ※ただし、特に必要と認められる場合は、20万円以内
■据置期間  1年以内 
■償還期限  2年以内 
■貸付利子  無利子



●総合支援資金(生活支援費)
主に失業された方向け
※原則、自立相談支援事業等による継続的な支援を受けることが要件となります。

■対象者   新型コロナウイルス感染症の影響を受け、収入の減少や失業等により生活
に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯
■貸付上限額 ・2人以上世帯 月20万円以内
       ・単身世帯   月15万円以内
■貸付期間  原則3月以内
(就職活動を誠実に継続している場合などにおいて最長12月まで延長)
■据置期間  1年以内 
■償還期限  10年以内
■貸付利子  無利子

〇貸付には審査があります。
〇特例貸付のご相談・申込窓口は、お住まいの市町村社会福祉協議会になります。
〇相談、申込など詳細についてはお問合せ下さい。
地域福祉課 ふくし支援係 23―1251