赤い羽根共同募金・歳末たすけあい募金

講演会「いのちの授業」を開催しました

~幸せに生きるための選択を間違えないために~
“生教育”「自分で自分を幸せにする」そのための力を身につける学び

自分のいのちと自分のきもち、そして自分をたいせつにする方法について・・
他では学べない『いのちの授業』を行ないました。

日 時:3月28日(火)午後6時30分~8時

場 所:松山市民活動センター ホール (東松山市松本町1-9-35)

講 師:辻 由起子氏
    
その他:参加申込み不要、参加費無料、駐車場あり、プレゼントあり、赤い羽根共同募金の財源で開催

第69回(平成28年度)共同募金へのご協力ありがとうございました

昨年度もたくさんの方々のご協力をいただき、誠にありがとうございました。

私たちのまちの高齢者サロンや子育て支援、遊具の修繕や福祉車両の貸出、ボランティア育成、低所得者世帯への支援事業など、子どもから大人まで、様々な人のくらしをさりげなく支えている共同募金。
大きな目玉事業ではありませんが、地道にしっかりと私たちの【ふ】だんの【く】らしの【し】あわせを支えてくれています。
各地で起きた自然災害の際も、共同募金はお互いさまの支え合いとして活用されています。
引き続き、今後も皆さまの温かいご支援、ご協力をお願いいたします。

赤い羽根共同募金・歳末たすけあい募金

【戸別募金】

戸別募金は、自治会の皆さまのご理解とご協力による募金です。
共同募金が活用されている地域のサロン運営補助金や車いすごと乗れる福祉車両の貸出事業など、みんなで支えあう、大きく、貴重な財源となっています。
例年、各地区福祉委員(行政パートナー)さんを通じて、赤い羽根共同募金、歳末たすけあい募金のご協力を呼びかけさせていただいております。
 
平成28年度も多くのご協力をいただき、戸別募金は募金実績全体の7割以上となっています。これも、みんなで支える仕組みである共同募金の特徴にもなっています。
 
【平成28年度戸別募金実績】ご協力いただき、本当にありがとうざいました。
赤い羽根募金    7,698,282円
歳末たすけあい募金 1,184,118円

【街頭募金】

平成28年度も関係機関のみなさまのご協力をいただき、店舗等で街頭募金を呼びかけさせていただきました。
ご協力、誠にありがとうございました。

【平成28年度街頭募金】(敬称略)
・大岡地区市民体育祭、野本地区市民体育祭、高坂地区市民体育祭、唐子地区市民体育祭
・東松山市役所、東松山駅、埼玉県立こども自然動物公園、ピオニウォーク東松山、ショッピングスクエアシルピア、丸広百貨店東松山店、西友東松山店、ザ・プライス東松山店、ベルク砂田店、ベルク新郷店、マミーマート松山店、マミーマート沢口町店、オザム東松山店、いなほてらす

また、共同募金運動期間中は以下の窓口等に赤い羽根探検隊の子どもたちが作成した募金箱を配置させていただきました。
・市内各市民活動センター窓口
・東松山市役所
・市民福祉センター(ソラーナ)
・東松山市立市民病院
・ピオニウォーク東松山店インフォメーションカウンター
・総合福祉エリア
・ザ・プライス

【平成28年度街頭募金実績】(敬称略)
・愛弘会           3,962円
・あんだんて         3,842円
・総合福祉エリア(映画会) 11,729円
・大岡民児協(市民体育祭) 30,043円
・ガールスカウト埼玉県第2団 14,661円
・唐子民児協(市民体育祭) 20,358円
・丘陵福祉まつり  18,274円
・弘済会比企郡市支部  4,859円
・雑草福祉会  30,148円
・サンフレッシュメイト  3,593円
・赤十字奉仕団  54,545円
・高坂カトレア会(市民体育祭)10,126円
・高坂民児協(市民体育祭 )24,700円
・野本民児協(市民体育祭) 16,202円
・野本レディース四季の会(市民体育祭)24,068円
・東松山ライオンズクラブ  13,060円
・ザ プライス  173円
・松山第一民児協  31,143円
・松山第二民児協  3,254円
・松山第三民児協  16,165円
・松山婦人会  10,330円
・むさしの青年寮  5,653円
・立正佼成会  68,757円
・平野市民福祉センター  638円
・松山市民活動センター  167円
・市民福祉センター(募金箱) 5,490円
・東松山市役所募金箱      2,803円
・東松山市立市民病院      2,703円
・ピオニウォーク東松山     1,853円

街頭募金を受入れていただいた各会場関係者様にも、心より感謝申し上げます。

  • ベルク街頭1
  • マミー街頭1
  • ガールスカウト1
  • 西友1
  • 赤い羽根探検隊

【職域募金】

職域募金とは、公的機関や企業、NPO、施設などの職員さんを対象に、組織的に募金を呼び掛け、ご協力いただく仕組みです。
職域募金では、赤い羽根バッジやクオカード、図書カードなどを活用し、募金を集めています。
なお地域貢献活動として、こうした職域募金に参加ご協力いただける企業を随時募集しておりますので、詳しくはお問い合わせください。

【平成27年度職域募金実績】
赤い羽根募金    492,183円
歳末たすけあい募金  57,278円

左は第69回(平成28年度)の赤い羽根バッジ、クオカード・図書カードです。
赤い羽根バッジは、毎年新たなデザインで製作されます。
クオカード・図書カードは埼玉県共同募金会で、地元埼玉の風景写真などからデザインが選ばれています。
今年度は、クオカードは秩父夜祭(秩父市)、図書カードは世界最大の田んぼアート(行田市)が選ばれました。

また、市民福祉センターに500円以上の募金をお持ちいただいた方にプレゼントあり(^。^)
初音ミクのクリアファイル(3種類)、妖怪ウォッチのクリアファイル(2種類)
(なくなり次第終了)

赤い羽根探検隊

社会福祉協議会が開催した夏のボランティア体験プログラムでは、わたしたちのまちに役立っている身近な募金を知ろう、という『赤い羽根探検隊』というメニューがあり、市内の小中学生を対象に開催したところ、小学6
年生~中学3年生の4名が申込みしてくれました。
この夏休み期間中に、2日間にわたって共同募金について学び、実際に役立っている活用先を訪問したり、募金箱を制作したりしました。
ぜひ、街中で見かけましたら温かいご支援をお願いいたします。

こうした共同募金の仕組みを学び、支えられる人と支える人とをつなぐ体験学習は、子どもたちにも貴重な学びの機会になっていますので、今後も継続して取り組みたいと思います。

赤い羽根探検隊1
赤い羽根共同募金のお金が何に使われているのかを調べ、実際に見たり、見学したりしました。
サロンの見学
実際に赤い羽根共同募金で助成している地域のサロンへお邪魔しました。
サロンでの演奏
参加させていただいたお礼に、子どもたちから演奏や出し物のプレゼント★

パンフレット

集められた募金はこのような事業につかわれています

災害義援金情報

 このページの情報を、ボランティア・まちづくりサポートセンターの災害ボランティアセンターに移行しました。

災害ボランティアセンター
http://www.smile-shakyo.jp/volunteer/detail.php?eid=00010

主な事業

ページの先頭に戻る